日吉大社の奥宮・金大巌と湖西の景観

日吉大社の境内から八王子山を30分登ったところにある金大巌(こがねおおいわ)と、そこからの湖西の景観です。

金大巌とは

金大巌は八王子山にある大きな岩で、大山咋神が降り立ったとされる日吉大社の信仰の原点だそうです。
山頂付近には金大巌を挟むように牛尾宮・三宮宮が建てられてます。

金大巌の360°VR写真

金大巌に向かう石段

この石段から八王子山を登って行きます。片道30分程度の道のりですが、勾配が急なため結構しんどいです。
うっかり飲み物を忘れてしまったためすっごい喉が乾きました。登られる際は飲み物、タオル等を忘れないように気をつけて下さい。

金大巌

この六角形の大きな岩が金大巌です。高さは10mもあるらしく、実際に近くで見ると想像していたよりも更に大きさを感じます。

360°写真をぐるっと見渡すと、そこからの湖西の景観をご覧頂けます。日吉大社入り口の鳥居もちっちゃく見えます。
ほんの30分程度の登山ですが、たどり着いてこの景色を見た時は、達成感からかとても清々しい気持ちになります。

シーズン中のため日吉大社はかなり混み合っていましたが、登るのが結構大変なためか金大巌はほとんど人がいませんでした。

金大巌へのアクセス

日吉大社から徒歩で登る以外の交通手段はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です